東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

知のブレイクスルーをもくろむ若い人に。

|2014年10月25日 22:44| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
人文社会系の知の見取り図というか、俯瞰で状況をみるのは、簡単そうで、簡単ではない。

この本は、それを可能にしてくれる本だ。

実存主義から構造主義、ポスト構造主義へとたどった知の状況が理解できるような
内容になっている。

大澤真幸のほうは、ハイデッガーとか、マルクスとかも守備範囲に入っている。

それらの人文社会系の知が、どういうわけか、ポスト構造主義に入ってから、行き詰まってしまった。それを打破する必要があると多くの人が感じている。しかし、それは簡単ではない。若い人は、まず、そうした状況が何によって起きたのか、理解してほしい。それなりに必然性があって、現代の知の閉塞が訪れたのだ。

いまを知って、今後のブレイクスルーをもくろむ若者に必読。



次の記事 → がんばれ、陰謀史観。
前の記事 ← これは、名著だ。『反哲学入門』木田元

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS