東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

正社員をお金でクビに「金銭解雇」って、いいアイデアだ。

|2014年2月25日 20:34| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の閉塞感の原因は、雇用システムにある。

年功賃金、終身雇用が採用されているため、雇用が硬直的で、それが社会の活力を奪っている。

グローバル化により経済はもっと活性化してもいいはずだが、人材が流動化せず、斜陽産業に優秀な人材が囲い込まれたままになっている。これでは、日本の今後の発展はありえない。

安倍総理は、雇用を改革しようとしている。

産業競争力会議でも、金銭解雇ルールを創設しようと議論が交わされた。

日本の雇用システムを開かれたものにするために、金銭解雇はひとつの手段として、いいと思う。それが突破口になって、雇用が流動化することを願う。そうしないと、日本はジリ貧である。

【社会】正社員をお金でクビに 「金銭解雇」の時代は来るか?★2
1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/02/25(火) 18:05:35.08 ID:???0
★正社員をお金でクビに 「金銭解雇」の時代は来るか?
2014年02月24日 12時10分 提供:キャリコネ

日本ではいったん正社員として雇われてしまえば、クビになりにくい。しかし、安倍政権はその
「聖域」に手をつけようとしている。その案のひとつが、正社員に退職金以外のお金を支払って
解雇できるようにする「金銭解雇」だ。

規制改革会議雇用ワーキング・グループ座長の鶴 光太郎氏は、解雇規制緩和の議論は「まだ続いています」
とプレジデント14年3月3日号で明かしている。同グループでは「労使双方が納得する雇用終了のあり方」
についてヒアリングや論点整理を行っている。

勤続年数などによって「支払い」を決めておく 金銭解雇ルールは、実は第1次安倍政権での労働契約法制定
(2007年)の際に盛り込まれる方針だった。報道などによると「年収の2倍以上の補償金を支払うことで、
労働者を解雇できる」といった規定だったようだが、自民党の参院選敗北でお流れになった経緯がある。

安倍晋三氏が首相に返り咲いてからの昨13年3月の産業競争力会議でも、金銭解雇ルールを創設しようと
議論が交わされた。しかし10月には、解雇規制緩和自体がいったん見送られたとも報じられている。
厚労省や労働組合、さらには産業界からの反発が強かったようだ。

これによってマスコミなどの議論はいったん下火になったものの、鶴氏によると、水面下では検討が
続けられているということになる。

記事で同氏が提案しているのも、「予測可能性の高い紛争解決システム」という名の金銭解雇だ。
不当解雇と思われる事案が起きた場合、EU諸国ではほとんどが「金銭解決」を行う。
>>2へ続く

前 ★1が立った時間 2014/02/24(月) 23:23:24.79

2 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2014/02/25(火) 18:05:41.54 ID:???0
>>1より
EUの場合は勤続年数などによって、会社が支払う金額も法律で決まっているという。
労使双方が納得した「仕組み」があれば、ある程度スピーディーに紛争が解決できるというのだ。

「泣き寝入り」や「ごね得」が減る? 日本でもあっせんや労働審判など、労使間の紛争を解決する
仕組みはあるが、実際に解雇をめぐって労使が争う場合には、相当な時間や労力、費用が必要になる。

大企業の社員の場合には労働組合が代行してくれる場合もあるが、中小企業にはそれがない分、
泣き寝入りをしやすい構図になっている。

これが導入されれば、労組に守られた大企業の社員だけが得をする構図は崩れる。反面、いままで
解雇されて泣き寝入りしていた中小企業の社員は、補償金が受け取れるようになる。大企業の経営者に
とっても「働かない社員」を流動化させる口実になる。

「泣き寝入りする人やごね得する人が減り、納得性の高い解決の仕方は明らかに増えると思われます」
鶴氏はこう指摘している。金銭による解決ができれば、労働者も一旦敵対した元の職場に戻る必要はなく、
次のステップに進みやすい。

「クビ切り法案」などと揶揄されると、労働者も身構えてしまう。しかし内容によっては、大企業の
労働者が得をして、中小企業の労働者が損をする状況を是正することにつながるかもしれない。

70 :名無しさん@13周年:2014/02/25(火) 19:10:09.32 ID:EfHGQ/px0
前スレで最後の方に話題に上ったやつ


理想                     現実

リスク                    リスク
経営者>非正規>正社員       経営者>非正規>正社員

報酬                     報酬(ここが問題↓)
経営者>非正規>正社員       経営者>正社員>非正規

71 :名無しさん@13周年:2014/02/25(火) 19:10:14.93 ID:eFO+ZDBu0
雇用を守ろうとすればするほど逆効果という事に気付くべき
新卒で入社したら死ぬまで同じ会社に奉仕するとか異常な風潮
だからブラック・過労死が発生する
だから非正規奴隷が急増している
転職が当たり前の社会になれば全労働者が自由を手に入れて社会・経済は発展する
非正規問題も無くなる
解雇規制を撤廃し、正規非正規の区別を禁止して
真に公平な競争社会に転換しよう
今こそ全労働者は自由の翼を手に入れるべき
転職が当たり前の社会にしよう

ブラック企業を簡単に辞められるようになれば
ブラック企業は自然に淘汰される
非正規労働者も復活のチャンスが出来る
必要なのは雇用の流動化だ
労働者を固定化し縛り付けることでは無い 


次の記事 → 日本の企業統治と雇用制度のゆくえ
前の記事 ← 年功賃金では、若者は報われない。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS