東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

公務員のボーナスの公表値が、ごまかされている。

|2013年12月13日 12:53| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
12月10日、国家公務員に冬のボーナスが支給された。
これは、冬の風物詩である。
例年のようにマスコミで支給額が発表されるが、その額はごまかされており、
実際は、発表された額より、かなり多いという。

これは詐欺ですね。

国民の批判をかわすために、うそをついている。

困った人たちです。

国民はきびしく監視しないとだめです。


【話題】 「平均57万円」はウソ・・・公務員 "ボーナス操作" のカラクリ
2ちゃんねるより
1 :影のたけし軍団ρ ★:2013/12/13(金) 08:25:25.13 ID:???0
10日、国家公務員に冬のボーナスが支給された。テレビや大新聞は平均支給額57万1800円と報じたが、
騙されてはいけない。実際はもっとたくさんもらっている。

テレビや大新聞の情報は、総務省の記者発表資料をそのまま写しただけなのだ。
よく読むと「管理職を除く」平均だと書いてある。これが騙しのカラクリだ。

というのも、公務員は民間と違い、年功序列で誰でも昇進できるので、
管理職の人数が民間ではありえないほどに多いのだ。ナント、公務員の半数以上が「管理職」である。

総務省に聞くと、しぶしぶ認めた。

「今回公表したのは、行政職の係長以下の職員の平均額です。人数は、わかりません」(総務省人事・恩給局)

行政職とは"手当の多い"税務署員や刑務官などを除く事務職で、国家公務員一般職26万人のうちの約14万人である。
人事院に聞くと、内訳は係長以下が7万1311人に対し、「管理職以上」は7万3149人もいる。

では、国家公務員全体の実際の平均支給額はいくらなのだろうか。「それは公表していません」と、あくまで隠したがる総務省に代わり、計算してみた。

一般職の平均月給は、人事院によれば、42.8歳、40万7994円という(住居手当、残業代を除く)。
これに公表された掛け率1.823をかけると平均額は74万3773円にハネ上がる。

さらに、管理職は全員1?2割、割り増しされるため、本当の公務員のボーナス平均額は80万円超となる。

民間はどうかというと、昨冬の平均は54万1582円だった(厚生労働省調査)。
ボーナスのない会社や雇用形態も増える中、これはもらえた人の平均である。

従業員5000人以上の大企業でも平均71万5034円だ。公務員はやはり恵まれている。

次の記事 → 年功賃金では、若者は報われない。
前の記事 ← 1カ月1580円でスマホが使える。スマホ革命だ。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS