東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

『キャリア官僚40歳定年』 日本維新公約原案

|2012年10月29日 12:26| 個別ページ | コメント(0)
維新の会ががんばっている。

公約の原案には、『キャリア官僚40歳定年』 が盛り込まれている。

行政改革に関しては、国家公務員I種試験に合格したキャリア官僚を対象に40歳定年制を導入する。
40歳以降は、政治家の裁量で任免する政治任用となるか、民間企業に再就職するかの選択をそれぞれに求める。

日本再生のためには、官僚制度の改革が不可欠だ。

公務員の定年を40歳にすることは、東大の柳川教授の提言にもある。

ぜひとも、日本を再生してほしい。


【政治】 『TPP交渉参加」、『2030年代に全原発を撤廃」、『キャリア官僚40歳定年』 日本維新が公約原案★2
2ちゃんねるより
1 :丑原慎太郎φ ★:2012/10/29(月) 09:33:43.58 ID:???0

★首相を公選、衆院定数は半減=日本維新が公約原案

 日本維新の会が次期衆院選で掲げる公約の原案が26日、分かった。
首相公選制の導入や現在480の衆院定数の半減など統治機構の抜本改革が柱。
橋下徹代表(大阪市長)を中心に党内論議を本格化させ、11月上旬にも決定する方針だ。

 原案は、大阪維新の会が先にまとめた基本政策集「維新八策」に沿った内容となっている。
首相公選制については、任期を衆院議員と同じ4年とした。
憲法解釈で禁じている集団的自衛権行使の容認や、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加も明記した。
 行政改革に関しては、国家公務員I種試験に合格したキャリア官僚を対象に40歳定年制を導入する。
40歳以降は、政治家の裁量で任免する政治任用となるか、民間企業に再就職するかの選択をそれぞれに求める。

 このほか、2030年代に全原発を撤廃。
教育委員会制度の廃止や、米軍駐留の45年までの廃止を目指すことも盛り込んだ。 (2012/10/26-12:06)

時事通信 
★1の立った日時 2012/10/26(金) 12:54:20.73

次の記事 → 生活保護はなぜ、国民年金より月7万円以上も高いのか
前の記事 ← 40歳定年制の発案者・柳川東大大学院教授の警告

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS