東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

ばったばったとベストセラーを斬りまくる。

|2012年1月10日 21:04| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
西部邁と佐高信が、ベストセラーをめった切りしている。

勝間和代を社会がないと斬り捨て、内田樹を相田みつをのようだといって叩き斬る。

なかなか痛快である。

不思議に思ったのは、西部邁が稲盛和夫をぼろかすにいっているところ。佐高はどちらかといえばなだめ役に回らなければならないほど、舌鋒鋭い。なんでそこまで稲盛を嫌うのか、私にはよくわからなかった。

それほどボロカスにいっても、嫌味じゃなく読めるのは、2人の人徳のいたすところでございましょう。

とくに、西部邁は頑固ないいおじいちゃんなのでございます。

ベストセラー炎上
西部 邁
平凡社
2011-09-15

次の記事 → 報道ステーションSUNDAY 橋下市長が生出演 part2
前の記事 ← 業務スーパーのフルスターコーヒー、安っ!

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS