東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

マルクス「資本論」入門

|2011年10月30日 00:44| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
『資本論』を学びたい初心者向けの教科書的な本である。いろんな論者が書いている。オムニバスCDみたいなもんだ。わかりやすくていいと思った。さすが河出書房。

ここのところマルクスの解説書をいろいろ読んでいる。(私はマルクス主義者ではない)。

marx02.jpg

伊藤誠
「資本論」はどのような書物なのか
わかりやすい

的場明弘
「資本論」完全読解
わかりやすいが、やや乱暴

河村哲也
「資本論」重要概念集
わかりやすい

長原豊
恐慌はなぜおこるのか
議論が乱暴

菅野稔人
現代によみがえる「資本論」
※以下未読

白井聡
マルクス主義は世界をどう変えようとしてきたのか

田崎英明
現代思想としてのマルクス主義

大川正彦
マルクスとともに何を考えるべきか

次の記事 → 近所に業務スーパーができた。業務スーパー柴崎店。
前の記事 ← 日本メーカーがアップルに負け続ける理由とは

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS