東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

池田信夫、イノベーションの本を出す。

|2011年9月24日 22:52| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
イノベーションとは何か .池田信夫ブログpart2

イノベーションというのはいいテーマだと思う。

これは、池田氏もブログのなかに書いているが、経済学では扱われないテーマである。

経営学では扱うだろうが、学問的に扱うのはむずかしい。もしこれを学問的に分析できたら、ものすごい業績になるだろう。

池田氏がそこまですぐれた著作を書いたのかどうかはわからないが、とにかく良いテーマであることはたしかだ。大学か、大学院の講義録らしいので、中身もよく練られているだろう。

目次をみると、事例が豊富だ。そして、目次から中身を想像すると、日本の規制大好き体質や官僚主導大好き体質、横並び体質などは、イノベーションが育ちにくい体質だろう。これをどう克服するか、現在、日本に突きつけられている最大に重要な問題だと思う。

9月29日発売、アマゾンで予約可能



イノベーションとは何か
池田 信夫
東洋経済新報社
2011-09-29

次の記事 → なぜマルクスは正しかったのか/テリー・イーグルトン
前の記事 ← 電力業界の給料は、全産業平均より6割も高い。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS