東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

原発問題に精力的に発言する武田邦彦。

|2011年5月29日 20:10| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
福島第二原発の事故が起きてから、原発関係の情報としては、武田邦彦のホームページを見るようにしている。いろいろホームページを見て、もっとも信頼できるような気がしたからだ。

→武田邦彦(中部大学)

武田邦彦のホームページを見ていると、特徴的なのはその文体である。論理的な文章を書く。これは、誠実に学者としての仕事を長年やってきた人の文章だ。日々、研鑽してちゃんと論文を書いてきた人の文章というのは、わかりやすく論理的なものだ。

アドバイスも一般向けに、できそうなことを書いているので実用的だ。

武田は、つねづね保安院が責任を取らないのはおかしいと発言している。その通りだと思う。税金を使って、わざわざ保安院という機関を置いて、原子力の安全をチェックしているのだから、いま責任を取らなければ、いつ取るんだ? 保安院は全員、HARAを切れといいたい。

日本の官僚は責任を取らない体制になっていて、これは日本全体の大問題だ。官僚は、失敗したら責任と取る体制を作らなければならない。

日本の最大の課題は官僚無責任体制にある。



原発事故 残留汚染の危険性
武田 邦彦
朝日新聞出版
2011-04-20


次の記事 → ダイソーの100円蛍光灯型電球。
前の記事 ← 日本の電気代はアメリカの2倍以上も高い。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS