東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

計画停電に困りました。

|2011年3月18日 22:37| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
東北地方太平洋沖地震から1週間がたった。

被災された方々はほんとうに大変だ。お見舞い申し上げます。

東京でも、影響はある。スーパーに行くと、食べ物がほんとうに売り切れていてない。パンを買おうとしても、ない。仕方がないので、ビスケットを買って食べた。モノ不足の原因は、テレビによると、主婦の買い占めらしい。たしかに主婦は必死に大きな買物袋を下げている。東京は買いだめするほどの危機でもないので、やめていただきたいものだ。

もうひとつ困るのが計画停電だ。私の地域は、第2グループにあたる。夕方の6時20分から夜の10時まで停電すると、月曜日も火曜日もアナウンスされた。しかし、停電はなかった。アナウンスされると、6時までに晩ご飯を食べて、いちおう停電にそなえておかなければならない。じっと待っていたら、停電がなかったというのでは肩透かしだ。これでもけっこう疲れる。

しかも、計画停電は都心では実施されず、周辺部でのみおこなわれている。これは不公平だ。電気をたくさん使うのは都心であり、繁華街である。復興のためにみんなでガマンすべきであるが、公平を考えて、都心こそ停電すべきである。東京電力は、都心優遇をやめろ。

さて、計画停電のアナウンスは外から拡声器で流れてくる。コンピュータ合成の無機質な声だ。どこから放送しているのだろうか、疑問に思っていたら、散歩のとき、拡声器を見つけた。こんなところにあるのか。この拡声器が、アナウンスしてくれている。ご苦労さんです。

kakusei01.jpg

kakusei02.jpg


次の記事 → 貿易赤字は悪いことではないという主張。
前の記事 ← 確定申告に行ってきた。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS