東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

浴室排水管修繕工事。

|2011年2月 8日 15:11| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
UR賃貸の古い物件に住んでいる。

自慢じゃないが、築45年らしい。かなり古いので、いろいろ修繕が必要になっているようだ。先日、都市機構の工事として、浴室排水管修繕工事がおこなわれた。

風呂場から下に水が流れるが、そのパイプは以前は壁の中を通っていた。それをベランダに通すことにしたようだ。そのため、上の階からおりてきたパイプを、外の出す形に付け替えるのだ。

上下の階を含めていっせいに工事をした。在宅しておく必要がある。で、工事は1日がかりである。

出来上がりが下の写真だ。風呂に入っていると、上に見えるパイプがやや目障りだ。上の階で風呂の水を流すと、天井のパイプがジャージャーとうるさい。リラックスタイムのくつろぎが邪魔されている。風呂の排水が通っているのかと思うと、あまり心地良いものではない。

yokushitu01.jpg

yokushitu02.jpg


次の記事 → 高橋洋一の主張「官僚は700兆円隠している」
前の記事 ← 国民一人に50万円ずつ、配ってくれ。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS