東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

吉祥寺にまた行った。

|2010年5月20日 15:33| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
吉祥寺の街が、にぎわっている。日本は不景気だと思われるが、どういうわけか、散策して眺める範囲では、吉祥寺は不景気なように見えない。

私なども何も用事はなくても、ついつい行こうかなと思わせるような魅力がある。

私が感心したのは、アーケードがあっていかにも「商店街」という感じの商店街があることだ。しかも、商店街が数本、交差しており、なおかつ路地というか、横丁もある。地方出身者である私には、こういう商店街の雰囲気が好ましい。これだけ商店街らしいものがある街は東京でここだけではないかと思う。

東京には中央線文化というようなものがあり、それは中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪あたりをさすものだろう。そこから少しはなれており、23区外であるが、中央線文化の香りもある。なんというか、ロック崩れのような人がいる。それもいい雰囲気だ。

実際にモノが売れているのかどうかはわからないが、このにぎわいは貴重だ。

kichijoji02.jpg

kichijoji03.jpg

kichijoji04.jpg

kichijoji05.jpg


次の記事 → 橋爪大三郎『言語派社会学の原理』 洋泉社
前の記事 ← 内田樹が、上野千鶴子にかみついた。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS