東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

『嫌韓流』で有名な山野車輪の新刊『「若者奴隷」時代』

|2010年3月25日 23:18| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
『「若者奴隷」時代』 山野車輪

宣伝文句によると・・・

20代?30代の若者のみなさん、『貧乏』なのも、『結婚ができない』のも『自分の努力が足りない』せいだと思っていませんか?それは大きな間違いです。

就職氷河期、ネットカフェ難民、内定取り消し、フリーター、ニート、ワープア、ロスジェネ、パラサイト・シングル、派遣切り、年金問題、介護問題、雇用グローバル化、後期高齢者医療制度、反若者マスコミ、etc......。現代の若者を追いつめるこれら諸問題の元凶は、『弱者であるはずの高齢者』にあったのです......。

嫌韓流ムーブメントを巻き起こした張本人である山野車輪氏が、"若肉老食"社会(若者が高齢者に富や時間、労働を奪われる社会構造)の到来に警鐘を鳴らす渾身の一撃!読了後には「高齢者は弱者である」という私たちの歪んだ認識が是正され、若者の不遇な現状はすべて「強者である高齢者」のせいだったと気付か されること必至です!

これって、いっていることは正しい。

著者の手法は、問題を単純な二項対立にして、先鋭化させるという手法とっている。若者と老人の対立である。これは、小泉元総理が改革か否かという二者択一を国民に迫った手法と似ている。この手法はきわめてわかりやすく、あまり頭のよくない人にも受け容れられるかもしれない。

ただ、重要なことは、この世代間問題の背後に、年功賃金・終身雇用という日本の雇用システムの問題が横たわっていることだ。年功賃金は賃金の後払いであり、いまの老人は若いころには少ない給料で骨身を削って働いてきた。だからこそ、中高年になれば、その分を後払いでもらうのは当然だ。この仕組が日本の場合、年金にも貫徹されている。なので、いまの老人は後払いの分をもらってリッチである。

しかし、この仕組はもう崩壊しようとしている。それは高齢化と人口ピラミッドの構造的変化、そして、それにともなう経済の弱体化が原因である。つまり、いまの老人に贅沢をさせるほどの富は日本にはない。にもかかわらず、若者は少ない給料で働き、老人に貢ぐ仕組が維持されている。

これは、日本の年功賃金システムに原因がある。年功賃金システムは、ある種のねずみ講なのである。それは、いつかは破綻する仕組である。その破綻の足音が少しずつ近づいてきている。

「若者奴隷」時代 (晋遊舎ムック)
山野 車輪
晋遊舎
2010-03-15
コメント:違和感を良くまとめています
コメント:老人は体力以外は若者を凌駕するという新しい認識 それが日本の世代間格差
コメント:今までシンボウ次郎だけだった。
コメント:よくも悪くも
コメント:良まとめ




次の記事 → 本日の買物
前の記事 ← 勝間和代のシルバー資本主義批判に賛成。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS