東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

小沢一郎捜査の波紋---マスコミ汚染の実体。

|2010年2月 4日 23:58| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
小沢一郎の事務所が総務省に提出した政治資金収支報告書から、ものすごいことが明らかになった。テレビによく出ている政治評論家やコメンテーターが、金で懐柔されていることが明らかになったのだ。彼らは、30万円から50万円の「講演謝礼」を受け取っていた。そりゃあねえ、派遣社員が2カ月かかって稼げる額を、1回の講演でもらっているんだから、小沢には意見もいえなくなるわな。

1回30万円から50万円の講演料をもらっていたのは、

  • (株)オーケープロダクション(取締役 小倉智昭 所属タレント 小倉智昭 諸星裕 室井佑月)
  • 高野孟
  • 二木啓孝
  • 勝谷誠彦
  • 末延吉正
  • 森田実
  • 倉田真由美
  • 山口二郎
  • 寺島実郎
  • 蔦信彦
  • 大谷昭宏

ogura.jpg

画像ファイルを見るべし。おそるべき、評論家の実体がわかる。
ここに名前の出ていない、田原総一朗や鳥越俊太郎、大前研一は偉い。

名前の出ている人たちは、いわゆる民主党の工作員なんだから、マスコミから追放してほしい。マスコミは公平であるべきだから、当然だろう。金をもらっている奴の偏った意見を誰も拝聴したくない。
小沢一郎より、こっちのほうがよっぽど問題だろ。

ozawa.gif


次の記事 → 週に1度はお好み焼き。
前の記事 ← 大澤真幸『性愛と資本主義』

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS