東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

冬だから、おでんをつくった。

|2010年1月28日 21:06| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)
自宅警備員、中年男性、独身男にも、冬だからという理由でおでんをつくる権利はある。おでんを食べる自由もあるぞ。というわけで、おでんをつくってみた。

最初に圧力鍋で大根を煮て、やわらかくしておいてから、他の具を入れる。大根は省力化のため、皮がついたままで、面取りもおこなわない。切って鍋に入れるだけだ。

だしは化学調味料で、しょうゆを入れるだけ。すぐに完成する。椀によそって、いただきます。

おいしいな。ただし、太るおそれがあるので、白米は食べず。おでんのみ。中年男の注意である。あと、1度つくると4日分ぐらいできるので、それが困るんですよね。冷凍しておこうかな。

本日も、おいしゅういただきました。

oden01.jpg


次の記事 → 大澤真幸『性愛と資本主義』
前の記事 ← フェミニストのいう「家父長制」が、やっとわかった。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS