東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

湯浅誠さん、国家戦略室参与に。

|2009年10月14日 15:19| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

いいニュースが飛び込んできた。

政府、国家戦略室参与に「年越し派遣村」村長・湯浅 誠さんを起用する方針固める

湯浅さんの経験を、失業者に住居をあっせんし、同時に生活保護申請も受け付ける「ワンストップサービス」などの対策に生かしたい意向...

いいニュースだ。湯浅さんにがんばってほしい。

『反貧困』で湯浅さんがあげたキーワードは「すべり台社会」と「溜め」である。

いまはほんとうにツルツルのすべり台社会をなんとかしてすべらないようにして、溜めができるような政策を期待したい。

2ちゃんねるの掲示板をみると、このニュースにも、反発する人がけっこういる。いわゆるネトウヨである。ネトウヨが叩くのは、どうも失業者やホームレスの人のようだ。なぜ、ネトウヨは失業者やホームレスを叩くのか。弱者が弱者を叩くところに、政策のむずかしさが示唆されているように思われる。


次の記事 → 労働組合は、日本最大の保守勢力だ。
前の記事 ← ホームセンター、ユニディ狛江店。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS