東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

最高裁判事の国民審査、「那須」「涌井」に×を。

|2009年8月29日 14:34| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

最高裁判所判事の国民審査というのは有名無実化していて、いまだ機能したことがない。考えてみれば、私も、最高裁の裁判官の名前なんてまったく知らないし、だから、だれが反動的な判決を出しているのかもわからない。はっきりいって、何も知らない状態だ。

ただ、今度の選挙では、「那須」「涌井」に×をつけようというキャンペーンをおこなっている人がいる。新聞広告を出している人もいた。

全ては「那須」「涌井」の否定から始まる

なるほど、「那須」「涌井」というのは、一票の格差を合憲とした悪代官なんですね。

こいつらを再任させたら、一票の格差を認めたことになる。ならば、私も今度は×をつけることにしよう。

皆さんも、「一票の格差」に反対なら、「×」で意思表示してくださいね。


次の記事 → 書評 『日常人類学宣言!』 松田素二
前の記事 ← いつも飲んでいるもの。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS