東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

日本のブラック企業。

|2009年4月28日 14:23| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

日本を引っ張っているのは、民間の会社だ。政治家でもなければ、官僚でもない。だから、日本の会社は頑張っているし、日本の会社員もけんめいに頑張っている。それは事実なのだが、なかにはひどい会社もある。そうした実情はあまりおもてに出ない。おもてヅラはみんないいし、いいことばかりいっている。そうしたなかで、ブラック企業を詳しく紹介したのがこの本だ。

いやいや、いろんなひどい会社があるもんだ。でも、ブラック会社の元社員が内情を告発している。光通信もそうだし、白木屋、セガ、日本NCR、武富士・・・。そして、テレビ制作会社のAD、アニメーター、IT企業のSE・・・。

ほんとうにひどい会社のオンパレード。とはいっても、いくらひどい現実であったとしても、現実を知ることはいいことだ。

ブラック企業の闇―それでもあなたは働きますか? (晋遊舎ブラック新書 8)
ムネカタ スミト
晋遊舎
2008-05-10
平均評価点3.5
コメント:現実はこんなもの
コメント:日本社会の病巣
コメント:内容はそこそこ面白いが、文章が陳腐
コメント:事実は面白いがブラックの基準には無理がある
コメント:なんかやばいなと思ったら手にとってみて

次の記事 → ブラック企業の研究。
前の記事 ← 株式投資の天才、BNFさん、秋葉原にビルを買った。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS