東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

橋下知事、府職員と対決姿勢。

|2008年6月16日 16:24| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

2008年6月12日午前、大阪府庁新別館で開かれた朝礼で、職員と橋下徹知事との間でバトルが勃発。

職員「知事を人として尊敬できない」
橋下知事「民間では考えられない物言い。上司として注意する」

知事の改革への姿勢を批判した男性職員に対し、橋下知事は厳しい言葉で応酬。「私のやり方が気に入らないなら、職を変えてくれ」とやり返した。

※このYouTube動画は削除されました。

橋下知事、頑張っていますね。職員に対して、改革への強い意志を毅然とした態度で示したのは立派だ。

日本の政治家に実行力が欠けているのは、人事権がないからである。大臣はその典型である。大臣は省庁の官僚にとって一時的に滞在するよそ者であり、人事権がないため、大臣はナメてかかられる。東京都の青島知事など、ナメられて何もできなかった。

首長や大臣が人事権をもつことを明記し、抵抗する官僚をどんどん切れるようにしなければ、政治家の実行力は回復しない。戦後民主主義において、権力が過剰に否定され、行政においても上意下達の指揮系統があいまいになっていた。しかし、国民が選挙で選んだ首長である。その意志をビシっと末端まで伝え、行政のスミズミにまで政策の理念が浸透しなければ、ほんとうの政治は機能しない。それが真の民主主義である。

そのためには、抵抗する官僚・職員にはやめてもらうしかありまへんやろ。

がんばれ、橋下知事。

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
城 繁幸
筑摩書房
2008-03
平均評価点3.5
コメント:日本型雇用に対する激しい怒り。
コメント:やや論旨が分散気味
コメント:ある程度は参考になります
コメント:元気が出る本だけど、ちょっとツライい所も・・・
コメント:高卒です


次の記事 → ロバート・キヨサキ独占インタビュー1、2
前の記事 ← 名ばかり管理職に残業代。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS