東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

アフィリエイターを脱税で告発、4億3000万所得隠し。

|2008年6月 6日 22:46| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

ビジネス情報などをネット販売する「幸せwin」(東京都新宿区)と大橋晃取締役(ネット上の通名=大橋ひかる)(48)が東京国税局から東京地検に告発された。

「幸せwin」と大橋晃取締役は、「アフィリエイト」と呼ばれるインターネット広告などで得た所得4億3000万円を隠し、法人税と所得税計約1億3000万円を脱税したとして、東京国税局から法人税、所得税両法違反の疑いで東京地検に告発された。

大橋取締役はアフィリエイトで月に数百万円を得ていたほか、アフィリエイトや外国為替証拠金取引(FX取引)のノウハウ本を1部約8万?2万円でネット販売していた。大橋は収入を除外して所得の一部しか申告せず、個人取引だった2006年分までの2年間で所得税約4000万円、法人化した07年3月期の1年間で法人税約9000万円を免れた疑いがある。隠した所得は主にFX取引に充てたが、為替の急変動で大きな損失を被ったという。

企業と提携してブログなどに広告を出すアフィリエイトは手軽な収入源として主婦らの人気を集めているが、申告を怠るケースも目立ち、同国税局が初めて告発した。

民間調査会社の矢野経済研究所などによると、アフィリエイトの市場規模は急成長しており、07年度は700億円。複数のサイトで商品を推奨し、月額100万円を稼ぐ個人事業者もいるという。

→2008年6月3日14時37分  読売新聞

いやあ、それにしても凄いな。大橋ひかるのFX必勝法の商材については、2ちゃんねるでその内容の詐欺性が指摘され、怒りの書き込みが数えきれないくらいにあった。だから、その商材を買って、儲けられずに悔しい思いをしている人が多いことは知っていたが、4億3000万円も所得隠しするほど、売れていたとは...。信じられない。

だいたい、大橋ひかるの商材は、100%勝つとうたっていたが、100%なんてあるわけない。だれがみても誇大広告である。しかし、それほど低次元の誇大広告にだまされる人がものすごくいるわけだから、世の中は不思議である。

FXの情報商材を買ったのは、FXの初心者だろう。そして、FXでひともうけしたいともくろむ「欲」のある人である。つまり、初心者で欲のある人をターゲットにするのが、アフィリエイトのコツだろうか。この事件をいいほうに解釈すれば、アフィリエイトで儲ける道はまだまだあるということだろうか。どうなんだろう。

告白します。私は夫に内緒で2億円稼ぎました。
蝶乃 舞
インフォトップ出版
2008-04
平均評価点5.0
コメント:携帯アフィリでこの本は外せない

※上記の記事とは無関係です。


次の記事 → 婚活---gooのキーワードランキングで1位.
前の記事 ← 最近ヤフオクで買ったもの。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS