東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

節約術としてのアマゾン。

|2008年1月11日 12:07| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

アマゾンといえば、本のネット通販というイメージが強いが、パソコンや家電、スポーツ用品から化粧品、アパレルまで、さまざまなものを売っている。しかも、けっこう安いものがあることは、案外知られていない。

送料は1500円以上無料だから、単行本なら1冊で1500円を越えることが多いのでほぼ無料であるし、文庫や新書なら2冊買えば無料である。パソコンや家電もけっこう値引きしており、激安のアウトレット製品もある。中古品を扱うマーケットプレイスもある。おまけにポイントもついてくる。

本をたくさん持っている人は、マーケットプレイスで中古販売もできる。ホームページをもっている人はアフィリエイトでお小遣い稼ぎもできる。このようにかなり使えるサイトである。おススメしたい。

とっておきの秘技 Amazonを120%使いこなす秘伝書 (とっておきの秘技)
篠塚 充
シーアンドアール研究所
2006-01-25

アマゾン躍進のあおりかどうかわからないが、リアルの本屋は苦戦しているようだ。先日、渋谷へ行くと、ブックファーストが小さくなって駅のそばへ移転していた。いま、渋谷は大規模書店のない街になっている。ちょっと不便である。


次の記事 → 年金は税方式へ。
前の記事 ← 『ビッグイシュー』が黒字化へ。

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS