東京下流人日記|ワーキングプア脱出をめざす自宅警備員の生活と意見、時事議論、書評など

HOME
東京下流人日記

ネットカフェ難民――豊かさを享受できない日本。

|2007年12月23日 00:47| 個別ページ | コメント(0) | トラックバック(0)

2007年「日本民間放送連盟賞」が、12月20日に発表された。テレビ報道番組部門の「優秀」にネットカフェ難民を扱った日本テレビのドキュメンタリー番組が入選した。

今年は、この番組がきっかけとなって、「ネットカフェ難民」ということばが世相をあらわすひとつの流行語になった。流行については現象のインパクトもさることながら、ネーミングの巧みさも大きな要因であろう。

ネットカフェ難民と貧困ニッポン (日テレノンフィクション 1)
水島 宏明
日本テレビ放送網
2007-12
平均評価点5.0
コメント:渾身のルポ作品
コメント:あの衝撃的ドキュメンタリーの舞台裏
コメント:恐るべき派遣労働の実態とメカニズム

ネットカフェはインターネットするという本来の目的以外で利用されることが多い。飲んでいて終電がなくなったとき、ネットカフェを利用するという若者は多い。タクシー代より、こっちのほうが安いという経済的な理由が、利用の動機である。いまでは、たいていの駅前にはネットカフェがあるので、酒飲みにはいい時代である。

ネットカフェ難民も、カプセルホテルより安いとか、サウナより安いとか、経済性を追求してネットカフェを利用している。しかし、ネットカフェに料金を払っていたら、ますますカネは貯まらず、貧乏人はますます貧乏である。つまり、最低限の寝泊まりにかかる費用が、稼ぎに比べて高すぎるのだ。

その昔、エンゲルスというエライ人が食費の割合に着目して、エンゲル係数というものを考案したが、なんとか食べるという見方だけでは現代社会は分析できない。寝泊りする基礎的費用が収入に占める割合を考えなければならない。収入に対する住居費の割合を「寝ンゲル係数」と名づけよう。

ワーキングプアということばがあるように、働いても働いてもラクにならないのは、「寝ンゲル係数」が高すぎるからである。


次の記事 → 『ビッグイシュー』が黒字化へ。
前の記事 ← 大学院を出た高学歴貧乏さん

コメントする
名前

電子メール

URL

ログイン情報を記憶


自宅警備員
NAME:蝉丸
PROFILE:自宅警備員

RSS